記事一覧

iFreeNEXT FANG+インデックス の誘惑

iFreeNEXT FANG+インデックス
運用方針
主として、「FANG+インデックス・マザーファンド」を通じて、米国の株式(DR(預託証券)を含む)(米国株式の指数との連動をめざすETFに投資する場合がある。)に投資し、投資成果をNYSE FANG+指数(円ベース)の動きに連動させることをめざして運用を行う。為替変動リスクを回避するための為替ヘッジは原則として行わない。原則、同指数を構成する全銘柄に投資する


フェイスブック、アップル、アマゾンアリババ、ネットフリックス、アルファベット、バイドウ、エヌビデ、ツイッター、テスラ
割高ハイテク株10銘柄に均等に投資をするいかれたインデックスファンドですね。

なんというなんという

正直アリなんじゃね?とか思いつつVTIにしろ先進国インデックスなりにアップルが組み込み率NO1で大体入ってることを考えると
信託報酬0.705%
を支払いコレを保有するのはいかがなものか。均等に買い付けるってことはリバランスは必須で、きっとノーセルリバランスとかしてくれないんでしょ?
「なあ、アップル抜いてテンセント入れようや」いや、テンセント米国株じゃねーから。


どうせ上記10銘柄も普通に含まれているわけで、変なことせずに素直に低コストの米国株(先進国)インデックスファンドの保有額を増やせばいいだけな気もするわけですが…
購入したくなるのはアマゾンゴーが悪いんや。しかしアップルがな、パークシャまたアップル買い増したっていうし間接的にアップル保有率上がるのはいかがなものか。というかバフェットはP&Gで含み損抱えてるとかそんな話をどこかで聞きましたけど。
※beさんはまだパークシャBの個別株持っていません。

正直欲しいのは、前にも記載した気もしますが、アマゾン、アリババ、アルファベットなわけです。
個別株で保有したいですよねえ、でもアマゾンは1株が高いんだよマジで。100円からだしiFreeNEXT FANG+インデックス もアリかなーとかも思う。



ま、現状購入可能な証券は限られているので楽天で取り扱いが始まった暁には毎月1コインで積み立てるのも面白いかもですね。
ダウインデックス辺りと、同日同額積み立てでもして比べたりするとより一層面白いかもしれません。
何が言いたいのかというと楽天VOOはよ!



とりあえず、ニッセイの8バランスを楽天で積立開始しました(月200円程度
つぎはi-smartですかね、8バランスが人気あるんですかねえ。
受取と再投資で日を分けるか悩んだんですが、既に積立日がわけわからなくなってるので同日にしました。

とかいってる間に、楽天でiFreeNEXT FANG+販売始まったので、とりあえず積立設定しておきました(月100円
悩んだら買っとけばいいんだよ、とりあえず小額だし。


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

be

Author:be
資産?運用を始めましたので、運用内容結果を自分で把握するために記事を上げていきます。インデックス運用+高配当優待株メイン。のはずなんだけど…

資産推移

2017年次 +32.27% 2018年次 -28.810% トータル -8.972%

エリア

スポンサーリンク